スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
<< 朗読会のお知らせ | main | ハードルを越えて >>

完全燃焼


P1020408.jpg
 13日土曜日、桐生山鳳仙寺での「なないろの葉朗読会」が無事終了いたしました。
おかげさまで満席100人の方にお越しいただき、心より御礼申し上げます。
本当にありがとうございました。

私たちメンバーは、会えば言いたい放題、ワイワイがやがや、楽屋は凄いんです(≧▽≦)
会場設営、着替え、リハーサルと協力しあって、開演時間を迎えました。
当日はお天気にも恵まれ、ちょっと暑いほどでしたが、
団扇を用意したり、お茶をサービスしたり、いろいろ知恵を出し合った甲斐もあり、
スムーズにプログラムが進みました。

私は今回、30分以上の長丁場ですが、
全て覚えて、間違えることなく朗読を終えること、
登場人物の個性を演じ分けること、
地の文での緩急、声の大小、語感を生かして表現すること・・・
など自分なりに決心して臨みました。
なんとか、今できる限りの朗読をしたつもりです。
終わった後のスッキリした感覚、やりきった!(^^)!という爽快感、満足感はたまりませんでした。

お帰りになるお客様からは、たくさんの感激のお言葉を頂き、
メンバー全員、完封!完投!したような、完全燃焼しきった気持ちです。
「来年もまた楽しみにしています」と言われて、
喜びもひとしおでした。

10月18日土曜日には、今度は前橋朗読研究会として、
〜マンドリンのまち前橋〜「朔太郎音楽祭」に参加します。
「人生は過失なり 娘・葉子が描いた父・萩原朔太郎への鎮魂」を朗読。
早々にまたメンバーが稽古で集まります。

11月にも樋口一葉を朗読しますので、
秋は、仕事と稽古の日々になりそうです。

☆nakazato takako☆

 
| - | 22:35 | comments(0) | - |

スポンサーサイト

| - | 22:35 | - | - |
Comment










10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
Profile
Sponsored links
New entries
Archives
Recent comment
Recent trackback
Recommend
このブログは
朗読グループ“幸風(こうふう)”によるブログです。 幸風とは、舞台朗読の第一人者である幸田弘子師のもとで朗読を学ぶグループです。
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM