スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
<< 満員御礼。 | main | 完全燃焼 >>

朗読会のお知らせ

201409031915000.jpg
すっかり秋めいてまいりました。
今日は朗読会のお知らせです。

幸田弘子先生が10月15日、23日と
座・高円寺で中原中也の朗読会をいたします。

今年4月末、中原中也の故郷、山口県湯田温泉郷で朗読会が催されたことは
このブログでもご報告しましたね。
是非東京でも!ということで、
今回は、中也の人生のターニングポイントともなった高円寺で行うことになりました。

詩とエピソードでつづる、中也の一生。
生きる答え、ここに在り!
「語り部」の物語屋さん(中川哲雄氏)が中也の人生を語ってくださいます。
お馴染みの福島明佳さんもフルートの音色で中也の心の葛藤、淋しさを表現。

生き辛さ、純粋さゆえの狂気、
天才のほとばしる魂の詩を、幸田弘子渾身の朗読でお聞きください。

★【幸田弘子が読む中原中也〜愛と孤独〜
日時:10月15日水、23日木
   開演 午後2時*全席指定
      午後7時*全席自由
会場:座・高円寺  
    杉並区高円寺北2−1−2 JR高円寺北口出て右手、線路沿いにまっすぐ徒歩5分
    03ー3223ー7500
入場料:前売り券2800円 当日券3000円 学生2000円
申し込み先:幸田弘子の会 電話03ー3655ー2705(10時〜6時 土、日、祝休)

♦今回も鈴木さんは事務局を務め、大忙しです。
私も昨日、ダイレクトメールの封入、郵送作業を手伝ってきました。
弟子としても、是非幸田先生の大好きな中原中也の詩を
たくさんの方に聞いていただきたいです。
ご来場お待ちしております。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
さて、もう一つ。
私はといいますと、
第2回「なないろの葉」朗読会に向けて稽古中です。

今回は、私の出身地、群馬県桐生市で仲間6人で行います。
地元でも有名な古刹「桐生山鳳仙寺」
幽玄な雰囲気にピッタリのこわーいお話を集めてみました。
芥川龍之介「蜘蛛の糸」
夏目漱石「夢十夜より第一夜」
小泉八雲「雪おんな」「耳なし芳一」「和解」「振袖」

★【摩訶不思議〜夢が幻か、ふしぎな物語の世界へ〜
日時:9月13日土 
   開場:16時半 開演:17時
会場:桐生山鳳仙寺 桐生市梅田町1−58 0277−32−1177
    http://www.housenji.or.jp
入場料:前売り券1000円 当日1200円 
    要予約
お問い合わせ:027ー215ー5088

おかげさまで、チケットは完売に近い状態です。
お申し込みの方は、恐れ入りますが、必ず電話確認をお願いいたします。

この鳳仙寺では、様々なイベントが行われておりますので、
お寺の方々が、とても良心的に私たちをサポートしてくださいます。
有難い限りです。
因みに、私は「耳なし芳一」を朗読致します。
やっぱり名作は大変ですね〜
始まり方。
次に、芳一が一生懸命耳だけで状況を判断する緊迫感。
素晴らしい琵琶の演奏。
いよいよ亡霊との戦い。
侍や老婆、和尚など、キャラクター作りでも苦労しています。

先生を見習って、私も渾身の朗読を目指します!(^^)!

☆nakazato takako☆




 
| - | 13:35 | comments(0) | - |

スポンサーサイト

| - | 13:35 | - | - |
Comment










04
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
Profile
Sponsored links
New entries
Archives
Recent comment
Recent trackback
Recommend
このブログは
朗読グループ“幸風(こうふう)”によるブログです。 幸風とは、舞台朗読の第一人者である幸田弘子師のもとで朗読を学ぶグループです。
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM