スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
<< 一葉忌 | main | 怪盗ジゴマ! >>

合掌。



多少個人的な書き込みになることをお許しください。

 昨日、11月17日13時37分、
大切な友人の黒岩比佐子さん(ノンフィクション作家)が、永眠されました。

一昨日の夜、最後に私が会ったときには、まだ意識もはっきりとあり、
苺のシャーベットを「おいしい」と言っていた彼女。
最期まで「黒岩比佐子」としてしっかりとした意識を持ち、
人生を全うされました。
その生き様にただただ畏敬の念を感じるばかりです。

数年前から幸風のの公演にも来てくれて、今回も楽しみにしてくれていました。
一昨日も、公演当日の写真を見て、
「きれいきれい」と喜んでいてくれた彼女。
いつも、本当に優しい思いやりのある人でした。

この1ヵ月、闘病する彼女をずっと見守らせていただきました。
昨日、まだぬくもりのある彼女に
「お疲れまでした。本当に頑張ったね」しか言えませんでしたが、
葬儀まで、見守らせていただきたいと思っています。

そんなわけで、昨日から金曜までの一切の予定を
キャンセルさせていただいています。
関係者の皆さんには大変申し訳ありませんが、
どうぞわがままをお許しください。

2004年に明治期のベストセラー「食道楽」の著者の評伝
「『食道楽』の人 村井弦斎」でサントリー学芸賞を、
08年には「編集者国木田独歩の時代」で角川財団学芸賞を受賞し、
ノンフィクション作家として、ますます期待されていた黒岩比佐子さん。
そして、この10月に上梓された、
堺利彦を取り上げた彼女の最新の著書「パンとペン」(講談社)は、
お通夜の行われる今日18日に、重版として書店に並ぶ予定です。
堺利彦をまったく違う視点から捉えた渾身の書です。
どうぞ、手にとってお読みいただければ幸いです。

合掌。

☆千秋☆









| - | 02:54 | comments(1) | - |

スポンサーサイト

| - | 02:54 | - | - |
Comment
初めまして。出先のPCからの失礼をお許しください。
黒岩比佐子さん、私にとってのシミズの写真をありがとうございました。黒岩になられるずっと前の中学軟式庭球部時代の者です。昨年の賀状がさいごのやりとりになってしまいました。ここで、合掌させていただきました。 
2010/11/18 2:50 PM, from シミズにありがとう










04
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
Profile
Sponsored links
New entries
Archives
Recent comment
Recent trackback
Recommend
このブログは
朗読グループ“幸風(こうふう)”によるブログです。 幸風とは、舞台朗読の第一人者である幸田弘子師のもとで朗読を学ぶグループです。
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM